カスタムメイドプログラム

iLEAPは様々な団体や組織、出資者とパートナーを組み、日本のこれからの社会のために必要なリーダーシッププログラムをデザインしています。要望に沿ったテーマを中心にした、変革型リーダーシップ体験をデザインし提供します。2008年以来、リーダーシップ開発や日米関係、社会起業とソーシャルイノベーションなど、iLEAPの核となるテーマに関連したトレーニングを、日本のパートナーと共に作り上げてきました。

*

Social Innovation Forum Japan (SIFJ)

iLEAP Social Innovation Forum Japan (SIFJ)プログラムは、3.11の東日本大震災復興支援のため、そして三重被害(地震、津波、原発事故)をきっかけに社会改革に取り組む日本人の、地元へのインパクトと、世界への発信力を強めるために創設されました。本プログラムは以下の三つの核から成り立っています。

1. 日本のソーシャルリーダーの才能及びグローバルリーダーシップの向上

2. アメリカ人が、日本の市民社会機関やソーシャルビジネスと相互的な支援ができる実践的なパートナーシップを構築し、学ぶことができるプラットフォームとしての役割

3. 重要なグローバル問題を最善の方法で解決するため、アジア太平洋地域の市民社会の間で新しいグローバルコラボレーションを創出し育むこと

2011年~2014年の三年間に渡り、SIFJプログラムは約40名に及ぶ日本人の社会的リーダーと社会起業家たちに、活動に必要なスキルや、アメリカ人コラボレーターたちとグローバルパートナーシップを育むためのスキル、日本の若き次世代社会起業家を育成する力、そして最終的には日本の市民社会をより強く、変革させていく力を引き出すトレーニングを行いました。本プログラムの開催が可能になったのは、国際交流基金日米センター米日カウンシルの多大なる貢献とサポートのおかげです。

*

Food Innovation for Regional Sustainability in Tohoku (FIRST)

Food Innovation for Regional Sustainability in Tohoku (FIRST)は日本の、特に東北地方の、未来における食と農のイノベーションへの投資として、TOMODACHIイニシアチブのもと開催されました。2015年から2017年の3年間に渡り、日本で食の生産、加工、流通、消費などの分野でソーシャルイノベーションにコミットしている35歳以下の次世代リーダーを対象に、リーダーシップとグローバルな視点を養うトレーニングを行いました。

*

TOMODACHI-Microsoft Social Innovation and Leadership (SIL) 現在実施中プログラム

TOMODACHI-Microsoft iLEAP Social Innovation and Leadershipプログラムは、日本、アメリカ、そして世界にポジティブな変化をもたらすことができる、そしてイノベーションの「担い手」になる強い意志を持った、次世代社会起業家とコミュニティリーダー(18~25歳)のためにデザインされたプログラムです。全国各地から選び抜かれた参加者25名が、米国ワシントン州シアトルと日本の両方で、体験型リーダーシップトレーニングを受け、プロジェクトを通じて世界にイノベーションを起こしていくプログラムです。2014年~2016年はSocial Innovation in Seattle(SIIS) という名で開催され、2016年春から現在の名前に替わりました。このプログラムを通して、5年間で約175名の若き日本リーダー達を輩出しています。

TOMODACHI
Microsoft
*

Social Innovation in Seattle for Young Professionals (SIIS YP)

Social Innovation in Seattle for Young Professionals (SIIS YP)プログラムは、2013年と2014年に毎日エデュケーションとパートナーシップを組んで開催した一週間のプログラムです。ソーシャル・イノベーションと社会起業についての基礎的な見解と、それがシアトルや世界においてどのように実施されているのかについての知識を深めるためにデザインされ、スキルベースのセミナー、少人数でのグループディスカッション、現場視察とリフレクション(内省)により構成されています。

セミナーのトピック例:パーソナルリーダーシップ、ソーシャルリーダーシップとコラボレーション、セオリーオブチェンジ、社会貢献における改革とイノベーション理論

*

reImagine MyPro

日本で未来の起業家・イノベーターの輩出を通じて社会のイノベーションに貢献する、特定非営利活動法人ETIC. (エティック)との共同事業として2015年に実施されたこのプログラムは、日本の地域に基づいたマイプロジェクトを行う学生から社会人を対象とした8週間のプログラムです。参加者はシアトルで多様な学びを体験し、その後アメリカまたは別の国で個人のマイプロジェクトに関連するインターンシップを行いました。プログラム中の体験全てが、学び、個人の成長、プロフェッショナルとしての成長に繋がるようにデザインされたプログラムで、日本帰国後はそれぞれの地域で、シアトル及び他国での経験や学びを活かした共同プロジェクトを実施しました。

ETIC
寄付する