Global Leadership

グローバルリーダーシッププログラムは、リーダーシップを学ぶとともに実践し、自分の人生について深い気づきと明確さを得るためにデザインされたプログラムです。カリキュラムはセミナーや、地元団体と行うグループプロジェクト、シアトルでより良い社会を目指して活動している様々な企業や団体への現場視察で構成されています。またリフレクション、個別アドバイジングを通して、それぞれの体験を紡ぎ合わせ、参加者自身のこれからの人生にとって大きな変革を起こすきっかけをつくります。期間は10日間、二週間、三週間とあり、年間を通して開催しています。

開催地: シアトル

期間: 最大3週間

プログラム概要

seminar cropped

セミナー

参加者は経験豊富なリーダーたちによる統合的なセミナーを通じて、リーダーシップを学びます。セミナーは参加者が主体的に関わるようになっており、参加者自身がソーシャルイノベーションを自身のビジネスやコミュニティにどう取り入れ進めていくかを探求します。そして何よりも、活動を行う上で自分の核となる想いは何なのかをより深く理解できるように構成されています。

REFLECTION

リフレクション(内省)

プログラムの中核として個人で行うリフレクション(内省)があります。一人の人間として、リーダーとして、自分が何者であるのか、”Who I am”を見出すための様々な問いかけを行います。参加者は数多くのきっかけと問いを与えられ、それを通じ自分自身についてと、実現したい未来がより明確に見えるようになります。

group project graphic recording cropped

グループプロジェクト

プログラムの期間にもよりますが、自分の興味関心に関連する分野で活動している、シアトルの社会企業や施設、NPO団体などから依頼されたプロジェクトを、参加者同士の少人数グループで行います。インターンシップのように、複数日かかります。実社会の体験を通して、リーダーシップや自分への理解を深めます。プロジェクト内容は提携先とその需要に寄って異なります。

プロジェクト分野例:教育、ホームレス支援、食育、フェアトレード、地域活性化、難民・移民問題、有機農業など。

farestart cropped

サイトビジット(現場視察)

より良い社会づくりのために活動している、様々な地元の企業や団体に現場視察に行きます。訪問先団体の社会活動の形は多岐にわたり、フェアトレードやオーガニック食品、サステイナビリティ(持続可能性)、CSR(企業の社会的責任)、社会企業、女性問題、ホームレス問題などがあります。現場視察は、内部から経営や革新的なビジネスモデルを視察し、活動に携わっている人たちと直接話をすることができる貴重な機会です。

過去の訪問先:フェアスタート、シアトルマリナーズCSR部門、テオチョコレート、スターバックス、マイクロソフト、タリーズコーヒー、ウッドランド動物園、PCCなど。

advising-600px

個別アドバイジング・メンタリング

参加者のこれからの人生のビジョンと、どのような活動や仕事をしていくか等のキャリアの方向性を明確にするサポートとして、個別で行うアドバイジングやメンタリングの機会があります。自分自身について、自分の夢について、今後の生き方について深く理解する良い機会です。

 

 

 

 

iLEAPのパンフレット
はこちら→

 

 

 

 

プログラム参加者たちの
学びとその後はこちら→

今後の開催予定:
(三週間、
大学生向け)

※滋賀大学、立教大学
の方はこちらになります。
※毎日エデュケーションの
ウェブサイトからのご応募になります。

説明会
開催予定:

立教大学(所属学生のみ):10月10日(水)、10月11日(木)、11月7日(水)

滋賀大学(所属学生のみ):11月13日(火)

毎日エデュケーション東京本社:11月9日(金)17:00~

※各説明会の詳細につきましては
Japan@iLEAP.org までお問い合わせください。

寄付する