伊藤健 Ken Ito

特定非営利活動法人ソーシャルバリュージャパン 創設者
慶應義塾大学政策・メディア研究科 特任講師


ソーシャルセクターの社会的インパクトを可視化することで、日本とアジアにおける社会変革に果たす役割を最大化にすることをミッションに、慶應義塾大学にて研究・教育を行うほか、特定非営利活動法人Social Value Japanで企業や財団向けのコンサルティング事業を実施している。日系メーカーにてマーケティング職に従事した後、米国留学を経て、General Electricの日本法人にてファイナンス部門にてコーポレート・ファイナンス職にて、企業買収後の統合や生産性向上のプロジェクトに従事。2008年よりNPO法人ISL社会イノベーションセンター統括ディレクターとして、社会起業家の支援育成プログラムの運営に携わる。2007年より慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。The American Graduate School of International Management (Thunderbird)にてMBA修得。2010年11月より慶應義塾大学政策・メディア研究科 特任助教、2016年より特任講師。東京在住。

なぜiLEAPの活動が日本にとって重要だと思いますか。

 「リーダーシップというユニバーサルな課題に日米を繋ぐプラットフォームとして機能することで、社会変革を推進するエコシステムを構築する役割を果たしています。」

寄付する