私たちについて

自身の内と外にある資源を生かして、目的のある人生を追求し、より良い社会づくりを促進する、グローバルなマインドを持った次世代リーダーを育てることをミッションとしています。

2008年の創立から、iLEAPは国際教育とリーダーシップ開発の分野で活動し続けています。

今までの団体の変遷を3つのフェーズに分け、iLEAP 1.0、iLEAP 2.0、そして iLEAP 3.0と名付けました。

iLEAP Timeline

iLEAP1.0, 2008–2018

iLEAPは、2008年に最初のリーダーシップ&ソーシャルチェンジのプログラムを、世界各地の参加者たちを対象に実施しました。10年以上もの間、アジア太平洋、アフリカ、中東、南米から来た社会的な活動を行う何百ものリーダーを対象にプログラムを提供し続け、そして2018年に、創立10周年と長年の成功と学びを称え、iLEAPを分割し二つの団体を創設することにしました。iLEAPは引き続き日本の若者へ向けたリーダーシッププログラムを提供し、今回新たに設立された団体Perennialは、アフリカ、ラテンアメリカ、アジア、中東を基盤とする、20代後半~50代のソーシャルリーダーへ向けたプログラムを提供することになりました。2008年~2018年の間iLEAP Globalの名のもとに行われていた活動がPerennialとなります。

iLEAP2.0, 2018-2020

2018年、iLEAPが日本での活動により力を注ぐ決断をした背景には、日本全国に広がる素晴らしい志を持つ卒業生コミュニティがあります。2018年8月現在、日本には約500名ものプログラム卒業生がいます。日本は他のどの国よりも今までのプログラム参加者数が多いのです。そのような背景をもとに、iLEAPはこれからも拡大していく日本の卒業生コミュニティに意図的に重点を置き、2011年の東日本大震災の影響を受けたコミュニティのために活動している若者や、被災地出身の若者たちのためのリーダーシップ開発プログラムをさらに生み出していくことにしました。

米日カウンシル(USJC)やトモダチイニシアチブ、国際交流基金日米センター(CGP)、ETIC.(エティック)などの団体やトヨタ、三菱、日立、マイクロソフトなどの企業とのパートナーシップを通して、そして日本政府や在日米大使館との協定を通じ、iLEAPは日本における課題や可能性について非常に多くのことを学んできました。

何よりも、若者がリーダーとしての自信を持てず、どうすれば大きく明確な目的を持った人生を生きることができるのかわからずに苦しんでいる日本において、iLEAPの活動は必要不可欠であると確信しました。このような理由から、高校生と大学生の年代の若者たちにiLEAPとして新たな力を注ぐことにしました。

iLEAP3.0, 2020-現在

世界中の多くの国際教育機関と同様に、COVID-19の影響により、私たちの活動は劇的に再形成されることになりました。かつてないほど移動やアクセスが限られた時代へと変化し、困難な状況に迅速に対応するためのスキルやツールの必要性がより明らかになった2020年。物理的な距離が限られているこの状況だからこそ、iLEAPは今まさに必要とされているリーダーシップ育成手法を、これからは日本を含めた、多くの世界中の若者に届けていくというミッションを体現していきます。

ローカルのニーズに対しても意識を向け、尚且つ複雑な課題に諸課題に対するグローバルな認識を維持し続ける必要性を背景としたときに、リーダーシップの育成において重要なのは、高い自己認識力(セルフアウェアネス)と共感力を持ったリーダーになることです。対面の場だけでなく、オンラインにおいても他の声に耳をしっかりと傾けることができ、そして自己軸を持って判断していく力を持ったリーダーをこれからも育成していきます。

iLEAPはこの世界的なパンデミックがもたらした状況からの新たな気づきを基盤とし、再びグローバルな展開で活動し続けます。

iLEAPプログラムの対象者

iLEAPは自分のリーダーシップを育てたい人、世界をより良くしていくために何をするべきなのかを常に探求している人のために活動しています。

リーダーシップを学びたい、自分の強みをよく理解して、将来の方向性を見出したい高校生や大学生
今後のキャリアと次の進むべきステップを探りたい若手社会人
仕事における見識を拡げ、自分の人生の目的と社会での役割を明確にしたい社会人の方
寄付する