Akane Katayama cropped

相手を知って認めることで、皆が輝けるような場作り

片山茜(Katayama Akane)

理工学群社会工学類都市計画主専攻4年(プログラム参加当時)

プロジェクト紹介シリーズ

本シリーズでは、TOMODACHI-Microsoft iLEAP Social Innovation and Leadership 2017夏プログラム(※1)参加者のプログラムを通じて得た学びとチェンジプロジェクト(※2)についてお伝えします。
第三弾は、日本で地域の人と人との繋がりを強めたいと、近所に暮らす人たちとの交流を深めるプロジェクト「Community Sharing」を始めた片山茜さんです。

※1-18~25歳までの方を対象とし、日本、アメリカ、そして世界にポジティブな変化をもたらすことができる、日本の次世代社会起業家やコミュニティーリーダーを育てるためにデザインされたプログラムです。全国各地から選び抜かれた参加者たちが、米国ワシントン州シアトルと日本の両方で、体験型リーダーシップトレーニングを受け、日本社会に実際にイノベーションを起こしていきます。 2017年夏から開始した計約6か月間のプログラムで、3つのフェーズに分かれています。フェーズ1(2017年7月~8月)は日本での準備期間、フェーズ2(2017年8月)はシアトルでの3週間研修、フェーズ3(2017年9月~1月)は約5か月間の日本でのプロジェクト実行期間です。
※2ー日本社会をより良くするために、参加者が自分の夢や想いに従って行う社会改革プロジェクトです。

プロジェクト紹介

「Community Sharing」は、隣人や周辺住民とのコミュニケーションが減少し、地域の繋がりが弱くなっている現代社会の問題を解決すべく、身近に暮らす人たちとの繋がりを強めるプロジェクトです。現在住んでいるマンションの内外でオープンイベントを開催し、近所に暮らす人たちとの交流を深めます。

シアトルでの体験が与えた影響

シアトルではホストファミリーと、コミュニティガーデン(※1)やタイニーハウスビレッジ(※2)など色々な所を訪問しました。

中でも一番チェンジプロジェクトのアイディアに影響したのは、小さな鳥かごみたいな箱に本を入れて、地域の人たちと本を共有するLittle Free Library(リトルフリーライブラリー※3)というブックシェアを見たことでした。身近にできる良い例だと思いました。散歩をしている時に近所の人と気軽に挨拶をすることも衝撃的でした。日本でも私が子供のころ田舎に住んでいた時はそういうことがあった気がしますが、今はなくなってしまったように感じます。また、ホストマザーが近所の子供を預かっていたことにも、地域の繋がりを感じました。

シアトルでのこのような体験が、帰国後の「繋がりを強める」プロジェクトへのモチベーションになりました。

ホストファミリーと

※1)共同農園(http://www.seattle.gov/neighborhoods/programs-and-services/p-patch-community-gardening
※2)低所得者やホームレスの人のための住宅(https://lihi.org/tiny-houses/
※3) https://littlefreelibrary.org/

一番大きな学びは、「小さなことでも行動することの大切さ」

今までは、「すごいこと」をしない限り、行動する意味がないのではと思っていました。普段(学校生活など)競争の激しい社会なので、新聞などのメディアに取り上げられるような大きな成果を出さないといけないと思っていたからです。
日本に帰国後、あまり行動できていなかったのですが、「そもそも何でこのプログラムに申し込んだんだっけ」と考えた時に、これまで大学の授業の一環で行動することはあっても、自分発信で行動することがなかったから、それをできるようになるために参加したんだと思い出しました。そして実際にイベントを開催してみて、参加してくれた人が「すごく楽しかった」、「またやりたい」と言ってくれて、私のプロジェクトはそんなに難しいことではないけれど、そんな小さなことでも行動することの必要性を感じるようになりました。
今までは、小さなことはできて当たり前と思っていましたが、小さなことでも、問題に気づいたら行動を起こすことが大切なんだと気づきました。

人の良い所を活用するリーダーシップ

もともと自分のリーダーシップは、ぐいぐいひっぱるタイプではなく、気配りをするタイプでした。今回プログラムを通じて、それを再確認することができました。帰国後「ピノキオプロジェクト(※1)」という地域の子供達のための参加型アートプログラムでインターンシップをした際にも、周りの人が困っていることに気付いたことに対して、代表の方に「リーダーシップあるね」と言っていただけました。ピアーラーニンググループ(※2)のメンバーたちとの会話でも、場がうまく回るように少しずつコメントをしたり、できていない所を指摘するのではなく、良い所を活用できるように意識しました。

 

※1) http://www.udck.jp/community/002986.html
※2) 4~5人の小グループ。プログラム中このグループの仲間と直接、またはオンラインで緊密に連絡を取り合いながら活動します。

自分にも他者にも寛容になれた

シアトルに行ったことで、他者に対して寛容になれました。これは、日本にいたら得られなかった視点の一つです。日本にはルールがあって、それに沿っていないとおかしいと思われますが、海外には日本のルールから外れている人がたくさんいます。日本だとあまりうまく行っていないけど、海外では認めらえている人、という人がたくさんいるんです。私も朝起きれないなど、日本のルールで言うと駄目な所がありますが、そこで自分は駄目だと思って何もかも諦めるのではなく、ここは駄目だから助けてもらおうとか、あれはできないけどこれはできる、だからできることは頑張ろう、と思えるようになりました。自分への期待を持つようにもなりました。
この視点を生かし、学校など別のコミュニティに馴染めない人も、私が作るコミュニティでは受け入れられるようにしたいです。誰でも地域には居場所がある、という環境を作りたいのです。

身につけたプレゼンテーションスキルを活用

フェーズ3ではマイクロソフトアドバイザーの方が提供してくれたプレゼンテーショントレーニングが役に立ちました。プレゼンに関して、今まで内容についてフィードバックをもらうことはあったのですが、立ち振る舞いや目線、話し方についてのアドバイスをもらえ、自分のプレゼンテーションを見直すきっかけになりました。また、聴衆は自分の話に興味がないという前提で、どうやったら面白いと思ってもらえるかを意識するようになりました。大学の卒論発表の際も、このプレゼンテーショントレーニングで学んだことを意識したら上位に入ることができました。

Microsoftアドバイザーによるプレゼンテーショントレーニング

アドバイザーの方に、「すべてがプレゼンテーション」と言われたことが印象に残っています。今後プロジェクトでイベントを開催して人を誘う際に、それを意識しようと思います。
また、マイクロソフトアドバイザーの方から、「全部ゼロから始めるのではなく、それぞれの活動にリンクを付けることで、一を二にしていくほうが簡単」と言われたことが印象的でした。おかげで、フェーズ3で学んだプレゼンテーションスキルを卒論発表に活かすことができました。ずっと自分はチェンジプロジェクトがあるから忙しくて卒論がうまくできないと思っていましたが、プロジェクトをやっていたおかげで卒論の発表に活かすことが出来ました。また、論文を書くときには誰が読んでもわかるように、再現性や客観性を意識して書かなくてはなりません。それを、ピノキオプロジェクトのマニュアル作成をする際にも気を付けて、分かりやすい資料に仕上げることができました。リンク付けをすることで、それぞれの成果が1.5倍になったと思います。

プログラムを通じて得たもう一つの居場所

プログラムを通じて得た仲間と築き上げたコミュニティは、私にとって学校とは別の、もう一つの居場所となりました。どんな事でも包み隠さず話さなくてはいけない場は居心地のいい場とは言えないですが、このコミュニティは自分が話したいことのみ話したいタイミングで話せ、また社会貢献などソーシャルなことを、他人からどう思われるかを考えずに気兼ねなく話せる、居心地のいい場です。単純に、これから皆がどうなっていくのかを見ているのも楽しいです。大学の学部内の人たちだとどうしても競争心が芽生えてしまうのですが、プログラムの仲間は皆目指している所が違うからこそ、利害関係がなく無駄な競争も起きないし、純粋にお互いへの興味とサポートしたいという気持ちがあります。皆とは、これからも繋がっていくと思います。

共にプログラムに参加した仲間たち
マンションでお茶会と朝食会を実施

2017年10月にマンションのロビーで、お茶会のためのテーブルと椅子を自分たちで作り、お茶会を開催しました。
お茶会では、日常会話から、やってみたいけどスキルがなくてできないことや、得意なことなどについて話しました。参加者以外にも、通りがかった住民の方に挨拶をするなど交流を図ったのですが、挨拶をしても顔を伏せる方もいて、今後も住民同士が関わるきっかけが必要だと感じました。
お茶会で、自分のスキルとして料理を紹介したことが、次の朝食会開催のきっかけとなりました。一人暮らしなのでおかずが余ることもあり、おかずをシェアできて、且つ朝早く起きる理由にもなる朝食会は一石二鳥でした。
お互いに得意なスキルを使って住民同士で助け合いができるような関係作りを目標に、マンションでのイベント開催を今後も定期的に続けていく予定です。次回は私が今年3月に行ったチリ旅行の報告会またはお花見などを開催しようと企画中です。

 

2018年4月16日掲載

お茶会用のテーブルと椅子を自分たちで用意してお茶会を開催
GIVE